MENU

賃貸探しの条件

 

賃貸物件を探す際には条件を色々とまずは考えてみましょう。特に不動産会社に行ったときにも最初に聞かれるのが賃貸探しでどんな物件の条件がいいのかとうことですから、まずは条件を自分である程度考えておきましょう。まず一つ目としてはドの場所に住みたいのか地域などを条件に考えておきます。安かったらいいという条件ではなくて、地域や場所的な具体的なことも考えておくといいでしょう。そして賃貸物件で支払える家賃の予算も考えておきます。自分の収入の30%までが家賃の上限といわれていますから、たとえば20万円の人の場合には6万円までということになるのではないでしょうか。
そして次の条件としてある程度考えておくことは駅からどれくらいの距離があるのかということです。駅からの距離は徒歩がいいのか自転車がいいのかということでも条件を決めておくとスムーズに探すことが可能です。そして間取りの条件も把握しておきましょう。自分がどんな間取りに住みたいのかということで賃貸物件は大きく変わってきます。ペットが飼える物件になるとそれ相応の物件を探すことになるので普通よりも難航することもあります。
そして築年数も条件に入れるといいでしょう。あまりにも築年数がたっている物件は避けてほしいなどの条件をあらかじめ頭に入れて築年数で選ぶということも可能だと思います。自分なりに頭の中で賃貸の条件を決めたうえで不動産会社に行くとスムーズに物件を探すことができます。

 

賃貸の流通物件

賃貸の流通物件についてですが、賃貸を借りたいと思って不動産屋の情報を見てみると、こんなことを実際に経験している人は多いのではないでしょうか。たとえばある不動産屋に掲載されていた賃貸物件、他の不動産屋でも同じように賃貸物件として紹介されていることがあると思います。賃貸物件が同じなのでなぜ二か所の不動産屋で同じ物件を取り扱っているのかと思った人も多いのではないでしょうか。このような賃貸物件のことを流通物件と呼んでいるのですが、意外と不動産屋で賃貸物件を見る際に流通物件というのは多いのです。大家さんというのは、賃貸の入居者を募集する際にひとつの不動産屋に依頼をするのですが、依頼された不動産屋は、判断すれば不動産会社が他の会社にも賃貸物件の情報を流すこともできるという仕組みになっているのです。ですから同じ賃貸物件で、別の不動産屋でも同じものを目にすることがあるというわけですね。しかしながら、不動産会社が流通させている賃貸情報というのは一部分になっています。他の不動産会社で賃貸の入居者が決まった場合には、決まった不動産会社に報酬を支払わないといけないことからそれほど多くの不動産会社に情報が流れるということはありません。しかも流通物件というのはそもそも、その不動産会社だけでは入居者する借り手がつかない可能性があるような物件に限られていますから、人気のある物件というのは流通物件として流れることはないのです。

 

賃貸の流通物件というのは意外と掘り出し物の可能性があります。なぜなら賃貸の流通物件というのは、ほとんどの場合が人気がなくてひとつの不動産会社ではどうしようもなくなってしまった場合に他の不動産屋にも情報を流すことになっていますから、他の人にとっては人気がない条件の賃貸物件であったとしても、もしかすると自分にとってはかなりメリットの大きい賃貸物件である可能性が高いということですね。ですから賃貸物件を探す場合に流通物件を見つければ、もしかすると掘り出し物に出会えるかもしれませんね。流通物件をどうやって探すのかというと、たまたま広告を見ていて同じ物件を発見した場合には流通物件ということがわかりますが、他に見分け方としては、不動産屋に行って直接問い合わせをしてその時に営業マンが確認をとるためにほかに電話をかけてまだ空いているのか確認したりすると流通物件である可能性が高いといえるのではないでしょうか。

賃貸の入居審査の書類

賃貸に入居する際に必要な書類についてですが、どんな書類が必要なのか紹介していきたいと思います。不動産屋や大家さんなどによって賃貸の入居する際に必要な書類というのは違っているのですが、一般的には住民票、印鑑証明などというのは必ず必要といってもいいと思います。まず連帯保証人と本人の源泉徴収などの本人だとわかるための書類は必要ですね。自分の収入などは特に入居審査では必ずと言っていいほど必要になってくる書類ですから連帯保証人の源泉徴収も合わせて用意しておくようにしましょう。そして本人の印鑑証明はもちろん必要なのですが、保証人の印鑑証明も必要です。賃貸物件を管理している不動産屋や大家さんによっては、これから入居する人の顔写真を提出しなければいけないケースもあります。やはり顔もわからない入居者を入れておくというのは防犯上もあまりいいことではありませんから、顔写真をチェックするといった意味で用意が必要になるのではないでしょうか。賃貸物件入居にあたって用意するものというのは不動産会社から指示が出ると思いますが会社によって違っています。ですから、入居前に確認しておくというのが一番だと思います。

 

絶対にしてはいけないこととしては、入居審査の申込書に真実を書かないことです。中には自分の身分を偽ったり、嘘を書いて入居審査に通るようにしている人もいるのですが、賃貸に万が一入居できたとしてもばれた時には、すぐに契約解除されて部屋を出ていくことになりますし、もっとひどい場合には、詐欺罪に当たるとして訴えられたりします。会社によっては在籍証明書を発行したり架空に収入証明を上げるところなどもあるようなのですが、それは絶対にしてはいけないことですから気をつけましょう。もしも不動産会社の営業マンが、このままでは入居審査に引っかかる場合があるので架空で書くようにと言ってきたという場合があったとしても、そんな不動産会社から賃貸物件を借りるほど馬鹿なことはありませんから注意しましょう。不動産会社の人に勧められたからと言って、ばれた時に言ってももう遅いのです。不動産会社の営業マンは色々と賃貸物件を借りてもらうためならと思って試行錯誤していきますが、それほど危ないことはありませんからよく考えたうえで行うようにしましょう。賃貸の入居審査に通るためには書類の不備も無くすようにしましょう。書類に不備があると貸してもらえません。

 

チェックツール


 

登録サイトのデータ更新と検索


 

 

 

最新登録サイト表示

#サイト名PRリンク

TOP紹介サイト

#サイト名PRリンク